家事ライフイベント

シンクの水切りカゴで迷ったらこれ!ニトリの伸縮シンク上ラック【とってもオススメ】

引越し先などで、シンクの水切りカゴを新しく購入しようしたとき、

シンク内、又はシンク横に置くタイプが良いのかな…

キッチン回りは、なるべく広く有効活用したい…

できれば、カビが発生しにくいカゴが良い!

上記のことを考えたことは、あるのではないでしょうか?

この記事は、新しく水切りカゴを購入したい、かつ、
キッチン回りを有効活用したい方に役立つ記事です。

そこで本記事では、私の経験などを踏まえて、以下の3点を紹介します。

  • ニトリの伸縮シンク上ラックがオススメ
  • カビが発生しにくい水切りカゴとは?
  • キッチン回りを有効活用で快適

では、さっそく、紹介していきます!

ニトリの伸縮シンク上ラックがオススメ

とてもオススメです。

カウンターキッチンではなければ、迷わず、こちらの購入をオススメします。

【SUSシリーズ】伸縮シンク上ラック ニトリ
  • サイズ:幅101×奥行20×高さ48cm。
    幅は伸縮可能で自由自在(伸縮幅:58~101cm)
  • 素材:ステンレス製
  • 価格:2,085円(税込) ※2021年9月時点
  • 別売りオプションパーツで、ディッシュスタンド、カトラリー収納などアレンジ可能

実際に設置してみました(↓)
組み立ては説明書いらずで簡単です。
4か所、六角ねじを留めるだけ。

お皿に着いた水は、受け皿がないため、
ダイレクトにシンクに落ちてくれます
→受け皿の掃除が不要で、とても良いです。

(なお、上の写真では、オプションパーツとして、ディッシュスタンドとまな板スタンドがあります)。

畳める水切りとの比較

ニトリの伸縮ラック設置前は、畳める水切りを使用していました(↓)。

畳める水切りも、とても良いのですが、洗った後のお皿をそのまま、置いておきたいズボラ人間としては、
シンクの空間の一部が占拠されてしまうのが気になっていました。

そのため、シンクの上の空間を活用するできるのは、とっても魅力的でした。

カビが発生しにくい水切りカゴとは?

水切りカゴは、ステンレス製がオススメです(ニトリはステンレス製)。

理由は、カビが発生しにくいからです。

素材がプラスチック製などは、黒カビが発生しやすく、
掃除が大変でした。

また、受け皿タイプの水切りカゴは使用していると、
受け皿の表面に水が少し残り、ヌメリが発生します…(汗。

そのため、受け皿がなく、ダイレクトに水がシンクに落ちるタイプの方が、

掃除も楽です。

キッチン回りを有効活用で快適

賃貸物件の場合、キッチン回りが狭いことが多いと思います。

自炊をしたい人にとっては、キッチン回りはなるべく広く使いたいのではないでしょうか。
水切りカゴをシンク横に置くと、その分、調理スペースが少なくなります。
そのため、シンクの上の空間を有効活用することが一番良いと思います。

今回、ニトリの伸縮シンク上ラックを購入したことで、
キッチン回りがスッキリとし、自炊する上で調理や洗い物がとてもしやすくなりました。

まとめ

引越し先などで、シンクの水切りカゴを新しく購入しようしたとき、
以下の3点を紹介させていただきました。

①ニトリの伸縮シンク上ラックがオススメ

②カビが発生しにくい水切りカゴとは?

③キッチン回りを有効活活用で快適

キッチン回りの空間を有効活用して、快適になると良いですね

【SUSシリーズ】伸縮シンク上ラック ニトリ

参考:【とても楽ちん】台所の排水口掃除!【ステンレス製のゴミカゴ導入】

タイトルとURLをコピーしました